■ ようろう太郎のおちゃらけ日記 ■

MVを眺めるのが好きすぎて音源単体で聴けない身体になりつつある貧弱男児

南ちゃん夫妻のラブラブデートのスクープがYahooニュースに載っていてこちらまで幸せな気持ちになったよ、というお話。

グッドイブニング皆様。

先日の記事でもお伝えしたとおり、愛すべき信者が現れたことで『教祖』へとワンワップしたようろうです。

 

yo-ro-tarou.hatenablog.com

 

「ブログを書きなぐる 」という行為に楽しみを見出しつつあるわたくし。

さっきまで深夜のまったりタイムを漫喫していたのですが、ふとした瞬間、これまで味わったことない欲求に気がついてしまいました。

 

『ぶろぐかきてぇ。ハァハァ』

 

 

読者が数人つくということが、面倒くさがりボーイの僕をこんなにも変えることになるなんて。いやはやしかし、これはかなりいい傾向だと思うんです。

だって、この「ブログ書きたいっす欲」が私の欲求ワールドに割り込んでくるということはですよ。

これまでの僕のワールドを『性欲40/食欲30/睡眠欲20/その他10』だとします。これが、『性欲30/食欲30/睡眠欲20/ブログ欲10(NEW!)/その他10』といった感じに変わってくるということなのです。

 

性欲の10ポイントダウン

 

これが私の月の大幅な出費ダウンを意味するかどうかは、いかんせんリアルの知人にこのブログの所在をうっかり伝えてしまったということもあるので、ここではハッキリとした回答は控えさせて頂きます

ただ、これだけは伝えておきたいのですが、私は、物心ついた時からおっぱいが大きい女性のことをとても尊敬しています。というよりも、おっぱいきっかけで物心がついたといっても過言ではないでしょう。

 

このまま『おっぱい』や『むっちり』そして『冬場のニット』といったキーワードについて言及したくなってきたのですが、この記事では『南ちゃんが幸せなら僕も幸せ』ということをお伝えしたかったのです。

 

何も、僕が南原清隆氏について奥深い愛情を持っていることを熱くお伝えしていく訳ではありません。そもそも、僕は南ちゃんに対してヒルナンデスに出ている純度100%の良人間でしょ?」といった薄い印象しかもっていません。「好きか嫌いかと言えば。まぁ、多分好き。」といった感じです。

というか、むしろ僕は内村光良氏に多大なる影響を受けた人間です。人格形成にかかわっているきらいもありますし、あぁ、アレだ。もうすぐ公開される「奥田民生になりたいボーイと〜」的な雰囲気でウッチャンに憧れている人間です。原作は全く読んだことはないのですが、多分これは的を得ている表現なのでしょう。

 

tamioboy-kuruwasegirl.jp

 

 

なんだか、何をテーマにこの記事を書こうと思ったのかが本当に分からなくなりました。マイラブリー愛犬が隣で床におションベンを垂れ流し始めたこともありますし、ここで記事のメインテーマを数行で文章化するという荒業に打って出ますね。 

昨日のお昼にYahooニュースをねっとり眺めていたら『南原清隆 結婚24年目の美人妻とラブラブお泊りデート』と題されたタイトルと内容の情報差がほぼゼロの記事を覗いた。「不倫ネタに1日のインプット容量を割かれすぎだろ。」というここ最近のムードのせいもあってか、ナンチャン氏の愛情溢れる微笑を眺めたことで、私も多幸感に満ち満ちてしまった。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

以上、 28歳独身の内村光良になりたいボーイがお送りしました。

 

ここまで読んでくださった愛すべき暇人夜更かしさんの皆様。

ご褒美に、『コレさえ見れば多幸感バキバキになれるミュージックビデオ』をペタリしておきますね。

 

www.youtube.com

 

グッナイ!

f:id:yoshio555:20170902015851p:plain