■ ようろう太郎のおちゃらけ日記 ■

MVを眺めるのが好きすぎて音源単体で聴けない身体になりつつある貧弱男児

テレビ界隈のようなカッチリ謝罪をYouTuber界隈でやるのはなんか寂しいぜよ、というお話

ハロー皆様。

 

YouTube大先生には常々おせわになっているのですが、ユーチューバー界隈にはとっても疎いようろうです。

 

いつものように深夜のまったりタイムをYouTube親方とともに楽しんでいたら、なにやら大御所YouTuberさんの謝罪動画がわたしのパチョコン画面に紛れ込んでいたので、思わずクリッキンしてしまいました。

 

www.youtube.com

 

「あれ、真ん中の人の髪の毛ってセンターマン的な色合いじゃなかったっけ?」

 

 

という印象を受けたわたくし。

いくらYouTuber界隈に疎いわたくしでも、そりゃあ知っています。ヒカルボーイのことは。

「優しげなおいちゃんと遊戯王カードの話で盛り上がりがちなスーパーエキセントリックかしこボーイ

という表現しか出てこない程に、わたくしはヒカルボーイのことをあまり知りません。もちろん、この謝罪動画の経緯もよく知っていません。

 

ただ、ヒカルボーイが、そのエキセントリック行動で多くの暇ビトの暇暇タイムに彩りを与えているYouTuber界隈の大エースであることは、わたくしの耳にも届いております。

 

そんなヒカルボーイが、何やら神妙な雰囲気で謝罪のお言葉をつらつらしているあの動画を見て。

ようろうはこう思ったのです。

 

「ユーチューバーのカッチリ謝罪はエキセントリックから離れすぎ。なんだかわたし、寂しさに似たものを感じるわ」

 

テレビ界隈での謝罪祭りに辟易しているここ数年であったので、ユーチューバー界隈の方には「謝罪?ふふ。突飛が売りのわたし達の辞書にそんな言葉はないわよ」的な面持ちを貫き通し通して欲しかったですね・・・

 

 

以上、リアル生活ではエキセントリックさの欠片も持ち合わせていないようろうがお送りしました。 

ここまでわたくしの駄文にお付き合い下さいました愛すべき暇人ピーポーの皆々様。

ご褒美に、わたくしがここ数日ハマりにハマっている 極上ビデオをペタリしておきますね。

 

大好きなラッパーが、「もしもし未来人?俺、20XX年の地球人なんやけどそっちはどうよ?こっちはなんやかんやあるけどまぁイイ感じ。」みたいなことをラップしている良曲のミュージックビデオです。

「いい曲!」と思ったら、是非ともはてな星を1個と言わずダース単位でぶちまけてって下さいね☆

 

www.youtube.com