心地よい寝環境を安くでゲトりたいならマットレスを2、3個ぶっ重ねればいいってこと。

http://www.pakutaso.com/assets_c/2015/05/NAT88_mana-housenobed-thumb-autox1600-15497.jpg

 

 

■ 『ホテルのベッド』をお家で再現したいようろう太郎です。

 

わたくし、ホテルのベッドが好きなんですよぉ。

 セレブい高級ホテルとかじゃなくても、普通のビジネスホテルとかので十分なんです。

 

あの『分厚い感』が凄く贅沢で優雅な気分させてくれるんですよねー。

 

■ コトのきっかけは『己の財力』。ビッグマネー男子になりたい。

 

ちゅうことで、「あと2,3年で30歳になるし、そろそろぶっといマットレスでも手に入れるべ〜」とamazonフィールドに飛び込んだわけです。

 

 

良さげなのをみつけたようろうでしたが、7万オーバーの価格に一瞬で熱が冷めてしまいました。

 

◆ 7万円で最高の睡眠を毎日味わえるなら、自己啓発本によくある「気持ちから入って成功するパターン」に突入して気づいたらお金持ちになれちゃうんじゃね?良い投資ってやつなんじゃねぇ?

◆ いやいや。やっぱ7万はダメでしょ。7万あったらルンバ3個位かえるぜ。(最近お掃除ロボット欲しくなってるんス)

 

3分の熟考の末、後者が勝利しました。

そして、ピシャリとパソコンさんを閉じたようろうは、おもむろに部屋のタンスを開けたのです。

 

「うぃ。俺は既に薄いマットレスを3枚も持ってるじゃねぇか。」

 

ぶあちぃマットレスを欲しがるようろう。ここから怒涛のD.I.Yマインドが爆発します。

 

■ ということで、『マットレス重ね』始めました。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/GREEN20160902294716_TP_V.jpg

 

お家に薄い普通のマットレスが3枚あったので、とりあえず3つを重ねてみました。

おらよいっと試しに横になってみると、なんだかとっても良い感じ。ホテルのベッドなフィーリングを背中にグイグイ感じました。

 

「でもな〜このままじゃあ3枚がズレにずれて、つまりはズレズレだなぁ」

 

と気づいたようろう。気づいたら近くのドンキホーテへと国道を爆走していました。

 

■ 要点をご教授。重要なのは『厚め敷布団カバーへのぶっ込み』

 

「店にある1番厚いやつ持ってきて。」

 

みたいなことは言いませんでしたが、ドン・キホーテで厚めのマットレスカバーをゲットした私は、すぐさま自宅へ舞い戻り先程重ねていたマットレス×3を厚めのカバーにぶち込みました。

 

めでたしめでたし。

『ホテルのベッド感』が大好きなノンマネー系男子の皆様、あなたも薄めマットレスを重ねて厚めマットレスカバーにぶち込んでみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

ご一読頂き誠にありがとうござんます。本記事は、ここ10日の間に3日連続自炊カレーを2セットこなしてみたら予想を超える上達を体感出来たのでこのままいっそカレー関連の何かでビッグマネー男子を目指そうかなぁと妄想を繰り広げかけているようろうがおおくりしました。