芸能人の薬物ネタだからって車壊すほど報道に熱狂する必要はないぜよ。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUUSEI85_gekisya15230730_TP_V.jpg

 

 

■ 帰宅して一息ついていたようろう太郎です。

 

テレビをみていたらASUKAさんへの取材があまりにも熱狂的すぎてなんだか事件への興味の焦点がぼやけてしまったのでブログ書きます。

 

 

■ ASUKAさん、まだ薬やめられてないようです。

 

news.yahoo.co.jp

 

「薬物ってやっぱ怖い。」

ASUKAさん、まだ依存から抜けられてないそうですね。

 

薬物関連の話題については、僕のまだまだ短い人生経験では自信を持って言葉を吐けなる気がしないんですが、、、(「ダメ、絶対」はしっかり言えます。)

 

『なんやかんやあるけどASUKAさん頑張れ。』

って気持ちはやっぱりあります。はい。

 

僕は、批判にあまり時間をかけずにその先について話をしようぜって考えるよう努めている(実際出来ているかは別です)タイプの人間なので。

 

で、で、で、次の見出しからが本番です。この記事で言いたいコト。

 

■ 帰宅途中の取材。え、詰め寄りすぎて車のエンブレム壊しちゃってますケド。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C824_hartkill_TP_V.jpg

 

帰宅したら『ユアタイム』が放送されてて、その一発目の特集がASUKAさん関連でした。

 

で、「ASUKAさん!ASUKAさん!」と怒号が飛び回っている、本人への突撃取材のシーンが特集冒頭に流れていたんですよ。(家の前で待ち伏せといて車中をズームで撮影するよくあるアレです。)

 

「わぁ〜やっぱ報道の人わんさかだなぁ〜」

「本人可哀想だけどしゃあないよなぁ〜」

 

と、ここまでは良かったのですが、、、ASUKAさんの載っている車のボンネットの突先が突然アップで映ったんですよ。

 

そしたら、車のエンブレム (高級車についてるヤツ) が報道の方の圧 (物理的な) にやられてポッキリと折れちゃってるんですよね。

 

「うそーん。そりゃないでしょー。やりすぎでしょ。」

 

 

 

 

 

 

一連の事件に対して、変な情報が入ってきてしまい戸惑うようろうがおおくりしました。