男子3大部活の『あるある』について15分程熟考してみた。【サッカー/バスケ/野球】

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSU92_scss2_TP_V.jpg

 

 

■ 部活の『あるある』ってあるじゃないですかぁ

 

サッカー部はイケメン。野球部は引退したらチャラくなる。球技大会で張り切る。とかいうやつです。

ツイッターさんでも「部活あるあるbot」なんかが幾つかあって、タイムラインに流れてくると『あるわ〜』って感じにまんまと納得してしまいます。

 

その中で、個人的に気になったものを幾つかご紹介させて頂きますね。

 

 

■ 野球部とサッカー部は親和性高いかも。

 

『部活系あるある』を眺めていると、野球部のあるあるにサッカー部が登場したり、逆にサッカー部のあるあるに野球部が登場したりするんですよね。

 

 

 

 

 同じグラウンドで練習しているからでしょうか。野球部とサッカー部が仲の良い学校は少なくは無いのかもしれまへんね。

 

 あ、陸上部のこんななあるあるも見つけてしまいました。

 

 

何だか哀愁感漂う『陸上部あるある』が気になって掘り下げてみると.....

 

 

 うぅ。陸上部可哀想!

 

■ 王道3部活にはそりゃあもう運動神経◎な人材が集中。結果、陸上部が可愛そうな感じになってしまう。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pp_torakkuhashiru_TP_V.jpg

 

サッカーもバスケも野球も、蹴ったり飛んだり打ったり、そしてもちろん走ったりと、必要とされる能力が極めて高くなるスポーツと言えます。

 

そりゃあアスリート的に優秀な人材が集まります。

 

結果、

 

『体育祭で陸上部より速く走っちゃう。』

 

といった、陸上部からするとなんとも切ない現象が起こってしまうんでしょう。

 

 

 

■ クラスメイトに己を披露出来る球技大会でやけに張り切る。

 

 

 

球技大会や体育の授業で自分のフィールドとなれば、それはもう頑張ります。普段の練習を凌駕する勢いで頑張ります。

わたくしも学生時代はバスケットボール少年だったのですが、それはもう球技大会は張り切りました。

 

バスケットというスポーツは、サッカー野球に比べると素人と経験者の差が如実に出てしまう側面があります。

そんなバスケットを、球技大会や体育の授業で部活生(経験者)が「目立つぞぉ〜」といったテンションで張り切ってしまうと、こんな状況が発生してしまいます。

 

 

『ガチになりすぎると周りが引いてしまいせっかっくの球技大会が切なくシラケてしまう。

 

ばすけ経験者のようろうも経験あります。

 

■ サッカー部が1番丁度良い顧問と部活生の『距離感』。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK82_golashitasakka-boru20140102_TP_V.jpg

 

勝手に僕が勝手に深く捉えすぎてる所があるんですが、こんなあるあるツイートがとっても印象に残っております。

 

 

  『サッカー部は生徒と顧問が仲良し。』

自分の高校時代を思い返してみると、バッチコイな感じでこのあるあるに納得致しました。(ちなみにバスケ部でした。ようろう太郎は。)

 

野球、バスケと比べると、サッカーは、『指導/育成』に関する発展が抜きんでていると思うんですよね。(スポーツ評論家でもなんでもない27歳ですが、多分大きく外れてない気がします。)

 

『水のむなぁ〜!坊主にしろォ〜!監督に口答えするなぁ〜!』的な根性論多めな後進的な指導スタイルってのが、バスケ部&野球部に関しては未だにはびこってる場所は少なくないと。

 

その点、サッカーは、指導者の指導法や練習内容も含め、「ロジカルで建設的で健康的な」チームづくりが、高校の部活の段階で比較的普通の学校(強豪校では無いという意味で)においても実現されてるんじゃないかなぁ〜と感じます。

 

 

『学校の部活ってどうよ?』っていう話題に関しては、「公立校教員への負担過重すぎやぁ!部活より大事なもんいっぱいあるでぇ!」等々、あるあるとは随分と距離が開いてしまう、シリアスな社会派ようろう太郎が炸裂してしまいそうですので、またの機会に書いてみようかと。 

 

 

 

 

それでは、突然ドラクエⅤがやりたくなって近くのTUTAYAにソフトを買いに行ったけれどもちょっと顔を合わせにくい知人がレジでバイトしてたので買わずにそのまま帰ってしまったようろう太郎がおおくりしました。貴重なお時間ありがとうござんました。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

この記事を書くきっかけとなった「naverまとめ」なんてのもようろう名義で存在しますので、もしよかったらポチリとしてみて下さい。

matome.naver.jp